東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

<夏の甲子園>投打にスキ無し!浦学完勝 二松学舎に6−0、32年ぶり8強

二松学舎大付に勝利しスタンドあいさつに向かう浦和学院ナイン

写真

 投打に隙無く32年ぶりの8強入り−。第100回全国高校野球選手権大会12日目の十六日、浦和学院(南埼玉)は3回戦で二松学舎大付(東東京)と対戦し、6−0で快勝した。タイプの違う3投手を打ち崩し、投げては渡辺勇太朗投手(三年)が相手打線を完封。準々決勝は十八日の第1試合で、大阪桐蔭(北大阪)と対戦する。

 雨が降ったりやんだりする不安定な天候の中で行われた試合にもかかわらず、三塁側アルプス席には浦和学院のスクールカラーの赤色のシャツなどをまとった生徒や保護者が大勢訪れ、大声援を送った。

 三回裏1死一塁、中前祐也選手(二年)が左中間を破る先制の適時三塁打を放ち、矢野壱晟(いっせい)選手(三年)も中前適時打で続き、2点先取するとスタンドは熱気に包まれた。中前選手の父・真也さん(43)は「甲子園に来て緊張していたと思う。祈るような気持ちで見ていたが、一本打ててほっとした」と胸をなで下ろした。

 雨が降りしきる五回裏1死三塁、矢野選手の中前適時打で1点を追加。なお2死満塁の場面では後藤陸人選手(二年)の打球が敵失を誘い、勝利を大きくたぐり寄せる2点を加えた。後藤選手の父・貴弘さん(46)は「どんな形でもつながって良かった。これからも集中力を切らさずに頑張れ」とエールを送った。

 先発した渡辺投手も初回から無失点の好投を続ける。ともに野球部マネジャーの小倉真公乃(まこの)さん(同)は「最初で最後の甲子園。思い切り楽しんでほしい」と声をからし、針井大空(そら)さん(同)は「自分を信じて頑張れ」とメガホンを鳴らした。

 九回表2死。渡辺投手が最後の打者を二ゴロに打ち取り、完封勝利を飾ると野球部応援団長の小松勇斗さん(同)は「よっしゃあー」とガッツポーズ。「さすがの一言。次も一戦必勝で行こう」と声を張り上げた。 (山口登史)

◆監督・主将の談話 

<浦和学院・森士監督> 渡辺は危なげない投球だった。ここから先は未体験ゾーン。全精力を込めて頑張る。

<同・蛭間拓哉主将> 平常心で自分たちの野球ができた。今日みたいにやれば負けないと思う。

<ヒーロー>ライバルコンビ切磋琢磨 浦和学院3年 坪井壮地選手、小町竜梧選手

守備に就く坪井選手

写真

 「頼むぞ」。六回表、ベンチに退いた坪井壮地選手(三年)からこう声をかけられ、代わって一塁の守備についた小町竜梧選手(同)。九回表、二松学舎大付の最後の打者が二ゴロを打つと、ウイニングボールをきっちりミットにおさめ、ベスト8進出を決めた。

 入学当時からよきライバルの二人。小町選手が坪井選手を「誰よりも練習し、全力で振る気持ちはチーム一」とたたえれば、坪井選手も「まっすぐを飛ばす力はすごい」と認め合い、切磋琢磨(せっさたくま)してきた。

 打撃コーチの森大さん(27)は、「二人とも謙虚で努力家。控えめで、誰より自主練習をするところもそっくり」と話す。

 南埼玉大会では、背番号「3」をつけた小町選手だったが、「結果を出さなきゃ」と焦る気持ちが空回りした。一方で、背番号「13」の坪井選手は7打数3安打を記録。二人の背番号は甲子園で入れ替わった。

7回裏2死、左飛に倒れる小町選手=いずれも甲子園球場で

写真

 「坪井が寝てる間に練習しないと、試合には出られない」。甲子園出場が決まった直後から、苦手な左投手対策の特訓が始まった。左投げのチームメートに球出しを頼み、毎朝五時からバットを振った。

 迎えた甲子園の初戦、先発出場した小町選手は、焦る気持ちを抑え、粘って2安打の活躍を見せた。坪井選手も代打で起用され、負けじと安打を放った。

 二松学舎大付戦では、ともに無安打と悔しさも残した2人だが、次の対戦は楽しみにしていた春の覇者。「どっちが呼ばれてもいいように万全な準備をします」と口をそろえた。 (浅野有紀)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報