東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

アメリカで見聞を広めてくるぞ 寄居の中学生、オハイオ州で研修旅行

力強く決意表明し、米国オハイオ州へと旅立つ子どもたち=寄居町で

写真

 寄居町の中学生十人が十七日、米国オハイオ州メアリズビル市への十日間の研修旅行に出発した。二十六日まで十日間の日程でホームステイや市内外の視察で見聞を広める。

 両市町の「中学生海外相互交流派遣事業」の一環。両市町に自動車メーカーのホンダの工場があることから、二〇一五年に町が米国側の中学生を受け入れて始まり、以後交互に生徒を送り込む友好関係が続いている。

 町は、町内に工場があるオリックスの「資源循環子ども未来基金」を活用。今回は面接と作文の試験で選ばれた二中学校の二、三年生十人(男子四人、女子六人)が研修旅行の機会を得た。男衾(おぶすま)中の男性教諭と町職員の計三人が引率する。

 生徒たちは「日本と外国との懸け橋になりたい」「自分を成長させたい」などと決意を述べた。帰国後、十月下旬に報告会を行う予定。 (渡部穣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報