東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

LINEで中高生相談受け付け さいたま市教委 来月30日まで試験運用

名刺大サイズで始業式に配る予定の紹介カードの見本

写真

 さいたま市教育委員会は二十二日、市立中学・高校に通う生徒の悩みを聞くため、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使った相談窓口を開設した。九月三十日までの試験運用で、会員制交流サイト(SNS)を活用した子ども向けの相談窓口は県内の自治体では初めてという。

 市教委によると、夏休み明けは新学期への不安などから生徒の心が揺れ動く時期のため、夏休み終盤からの設置を決めた。市は教育相談室や二十四時間体制のSOS窓口を設けているが、若年層が多く使うSNSを駆使してより幅広い悩みに答える考えだ。

 相談時間は午後五〜十時。臨床心理士ら専門の相談員が一日三〜五人待機し、最大九人の相談を同時に受けられる体制をとる。相談希望者は専用ホームページか、二学期の始業式で配られる紹介カードからQRコードを読み取り、LINEで会話できる。

 相談時間の上限は一時間程度。会話の内容から命の危険があると判断すれば、県警や学校と連携して対応する。試験運用後に市教委が相談内容や課題をまとめ、来年度以降に常設するかどうかを検討する。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報