東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

入院中の桶川市長が10月にも公務復帰へ

 桶川市は、脳内出血で五月下旬から入院中の小野克典市長(50)が九月中に退院し、早ければ十月にも公務に復帰する見通しであることを明らかにした。

 市によると、小野市長は現在、伊奈町の病院に転院してリハビリ治療中。左手足にまひが残るものの、知能や言語への影響は見られず、歩行訓練などをして回復に励んでいる。

 退院後もリハビリの必要があるため、一カ月ほどはリハビリに専念した後、医師や本人と相談して復帰時期を決める。それまでは松本幸司副市長が引き続き職務代理者を務める。 (藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報