東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

特産品の梨などをドライバーにPR 東北道蓮田SA

写真

 東北自動車道の蓮田サービスエリア(SA)で一日、地元の蓮田市の農産物や特産品を販売する「はすだ特産品フェアin蓮田SA2018」が開かれた。週末にドライバーや家族連れらでにぎわう中、特産品の梨などをPRした=写真。

 地域の商工業、観光、農業の活性化を図る目的で、蓮田市と東日本高速道路が主催。十回目となる今年は初めて週末の土曜日に開いた。

 会場は上り線のSAで、蓮田市果実連合会や商工会、観光協会が出店し、市マスコットキャラクター「はすぴぃ」が参加。人出が見込める午後に実施した。

 梨は一袋(六個)千円、品種は豊水と彩玉で、甘さをアピールした。ほかにも梨のアイスやはすぴぃのグッズ、せんべい、うどんなどが並び、蓮田を紹介する「VR体験」もあった。

 梨を配って交通事故防止を呼び掛ける「事故無し(梨)キャンペーン」も同時開催された。 (中西公一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報