東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

1都5県の204人が卓球の腕前を競う 羽生でオープン大会

写真

 第31回羽生オープン卓球大会(羽生市体育協会主催、同市卓球連盟主管、東京新聞など後援)が二日、羽生市体育館で開かれた。東京、埼玉、群馬、栃木、茨城、兵庫の1都5県から卓球愛好者ら204人が参加し、日頃の練習の成果を競った=写真。

 シングルスの一般と年齢別の男女計10種目があり、女子の年齢別種目では、昨年の大会で一緒にしていた40代と50代を分けた。

 中学生から70代の高齢者まで幅広い世代の愛好者たちが、リーグ戦やトーナメント戦で熱のこもった激しい戦いを繰り広げた。

 各種目の優勝者は次のみなさん。

 【一般男子】小島克之(埼玉・親球会)【同女子】伊瀬真奈美(群馬・中野クラブ)【ヤング(39歳以下)男子】兼子啓(東京・Exceed大田)【同女子】伊瀬真奈美(中野クラブ)【シニア(40歳以上)男子】諏訪耕司(親球会)【同女子】高森恵美(Exceed大田)【ベテラン(50歳以上)男子】中島太(群馬・板倉クラブ)【同女子】佐伯亜紀子(栃木・卓酔会)【オールドベテラン(60歳以上)男子】高田伸男(栃木・HIT)【同女子】松澤祐子(埼玉・Tくまがや)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報