東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

今年は大粒 特産クリ 日高で出荷作業始まる

写真

 県内有数のクリ産地である日高市で、大粒で甘みの強い特産クリの出荷作業が始まった=写真。今月いっぱい続く見通し。同市南平沢の「JAいるま野日高栗選果場」には朝から、市内に約百軒ある生産農家などが収穫したクリを積んだトラックが次々に横付けされた。クリは機械洗浄の後、手作業で規格品と規格外の傷ものなどに選別された。

 JAによると、今年は七月の高温や乾燥の影響で生育が遅れたが、その後の適度な降雨で盛り返し、平年よりも大粒傾向だという。

 日高栗出荷部会の宮崎正会長(63)は「思った以上の出来栄え。認知度の高さに恥じない、おいしいクリを消費者に届けたい」と話した。

 県内や東京都内の市場に出荷されるほか、県西部のJAいるま野管内直売所で販売される。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報