東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

特製トマトソース味わって 大宮ナポリタン、スナック菓子に さいたま新土産誕生

新たなさいたま市土産として期待される「大宮ナポリタンフライドパスタスナック」=いずれもさいたま市で

写真

 大宮のご当地グルメ「大宮ナポリタン」を気軽に味わえるスナック菓子が誕生した。その名も「大宮ナポリタン フライドパスタスナック」。特製トマトソースを使った深い味わいとカリカリした食感が特徴で、さいたま市の新たな土産として期待されている。 (藤原哲也)

 飲食店などでつくる「大宮ナポリタン会」の加盟店が五十店舗を超えたことを記念し、市と同会などが協力して作った。揚げたパスタをベースに、大宮ナポリタンの条件である県産野菜にはルッコラのパウダーを使用。鉄道の街で愛された懐かしの味が再現され、同会公認の商品となった。

遊び心あふれるパッケージ。三角形の袋を三つ並べるとSLと客車の絵が完成する

写真

 実際に製造・販売するのは春日部市の三州製菓。さいたま市によると、最初の試作段階ではトマトパウダーを使っていたが、同会のメンバーから味に物足りなさがあるとの意見があり、特製トマトソースにたどり着いたという。

 さらにパッケージにも工夫が。一箱(十袋入り)の中で小分けされた三角形の袋を三つ並べると、蒸気機関車(SL)と客車の絵が完成するほか、袋の一つ一つに大宮ナポリタンのミニ知識が記してあり、遊び心にあふれている。

 大宮ナポリタン会の望月義一会長は「電車旅の最中にもつまみ代わりにナポリタンの深い味が楽しめる。地元の土産として人気が出て、大宮ナポリタンのPRにもなれば」と話す。

 一箱は税込み九百七十二円。市内のイオン各店のほか、県物産観光館「そぴあ」と同会加盟の一部店舗で販売中。加盟店での販売は順次拡大する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】