東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

熊谷の大温度計 役割を終え撤去 35度以上 特別セール36回

夏の役割を終え、撤去された大温度計看板=熊谷市の八木橋百貨店前で

写真

 夏の暑さを掲示する、熊谷市名物の八木橋百貨店前の「大温度計看板」が十九日、今年の役割を終え、撤去された。七月二十三日に国内最高気温の四一・一度を記録した今夏は同百貨店が「猛暑はお得」のキャッチフレーズで、大温度計で三五度以上の日に猛暑日セールを実施。六月下旬から九月上旬までに三十六回を数え、好評だったという。

 看板が初めて設置されたのは二〇〇七年。「あついぞ! 熊谷」の文言を今年から「熊谷夏の陣」に替え、地元出身の武将・熊谷直実(くまがいなおざね)をあしらったデザインに刷新した。「せっかくなので、この暑さを街おこしに使いたい」と同社販売促進部の宮地豊部長。「猛暑日サービスを、さらに充実させたい」と意欲を見せていた。 (渡部穣)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報