東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

動物愛護 先進国を目指して 浅田美代子さんら講師 朝霞で30日シンポ

浅田美代子さん

写真

 動物愛護を考えるシンポジウム「みつめて。犬と猫の命〜動物愛護後進国からの脱却」が30日、朝霞市本町の市民会館ゆめぱれすで開かれる。動物愛護活動に携わる俳優の浅田美代子さん、杉本彩さんらが講師を務める。入場無料。主催の「NPO法人にゃいるどはーと」が、参加者を募集している。

 同NPOは朝霞市に猫シェルターを持ち、外猫の保護、治療、育て親への譲渡活動などを実施。今回のシンポは、動物への虐待や飼育放棄がなくならない現状を伝え、何ができるかを考えてもらうのが狙い。

杉本彩さん

写真

 浅田さんと杉本さんのほか、にゃいるどはーと代表の東江(あがりえ)ルミ子さんも「殺処分対象の犬猫たちの過酷な現実」をテーマに講演する。登壇者によるパネルディスカッションや、質疑応答も予定している。

 シンポは午後2時半〜5時半。定員900人。希望者は氏名、住所などを明記し、ファクス=048(466)1886=や、にゃいるどはーとホームページ(名称で検索)内の応募フォームなどから申し込む。問い合わせは東江さん=電080(5485)9747=へ。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報