東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

きょう飯能で開業「メッツァビレッジ」 北欧の生活様式楽しんで

北欧ブランドの雑貨などをそろえたマーケット=飯能市で

写真

 北欧のライフスタイルを体験できる施設として九日に開業する「メッツァビレッジ」(飯能市宮沢)で八日、報道機関向けの内覧会が開かれた。北欧の味やスタイルを楽しめるレストランやマーケットが宮沢湖畔の森の中に並び、湖畔ならではのオリジナルカヌー作りや乗船体験なども公開された。

 マーケットには北欧雑貨のブランド「マリメッコ」「イッタラ」などがそろい、北欧旅行の感覚で買い物を楽しめる。北欧直輸入の焙煎(ばいせん)豆を使ったドリンク類を提供するカフェ、北欧のオープンサンド「スモーブロー」を味わえる専門店なども出店する。

 宮沢湖畔にはオリジナルカヌーの制作に挑戦できる工房を開設。カヌーのレンタルもでき、気軽に「湖上散歩」を楽しめる。

 営業時間は午前十時〜午後九時。西武池袋線飯能駅からバスで約十二分。駐車場は予約が必要。問い合わせは専用フォーム=contact.metsa-hanno.com=へ。

 メッツァビレッジは、ムーミンを題材にした日本初のテーマパーク「メッツァ」の一ゾーン。来年三月には別ゾーンとして、ムーミンの世界観やアトラクションを楽しめる「ムーミンバレーパーク」も開業予定。 (加藤木信夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報