東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

「障害あってもおしゃれに」 川口・布施田さん「下肢装具」用の靴商品化

展示受注会に靴を出品する布施田祥子さん=10月、東京都豊島区で

写真

 病気やけがでまひした脚を支え、歩行を補助する「下肢装具」。左半身にまひがある川口市の布施田祥子(ふせださちこ)さん(43)が、装具に合わせるおしゃれな靴を商品化した。ブランド名はハワイ語で希望などを意味する「Mana’olana」。「外出を楽しんで、自分らしく生きるきっかけに」との願いを込めた。

 十月、東京都豊島区で開かれた初の展示受注会。「これなら結婚式にも行けるね」。横浜市瀬谷区のパート平本美鈴さん(29)が、黒のエナメルの靴を試し履きしていた。「普段履くものと違って、いろんな色があってデザインもおしゃれ」と笑顔を見せた。

 布施田さんは三十五歳で長女を出産後、脳出血を発症。左半身にまひが残り、歩くのに下肢装具が必要になった。アパレルのインターネット通販サイトでスタイリストを務め、百足近く集めるほどの靴好きだったが、装具の上から履けるのは布や合皮でできた実用的なものに限られていた。

 「足元のおしゃれができず寂しかった」。会員制交流サイト(SNS)を使った当事者へのアンケート結果を基に、自ら装具用の靴をデザイン。都内の靴メーカーの協力を得て、試作を重ねた。

 片手がまひしていても履きやすいよう面ファスナーを採用。装具全体を覆うとかさばってしまうため、ストラップで足の甲を固定し、スリムなデザインにした。素材に革やエナメルを使い、女性らしい見た目にこだわった五種類が完成した。

 現在は、サンダルや男性用の革靴を構想中で、対応する装具の種類も増やしていく予定だ。「障害があってもおしゃれを楽しめる社会にしたい」と布施田さん。完全受注生産で、価格は四万〜七万円台。都内や埼玉県内で開く受注会で、試し履きしてオーダーできる。

◆ソニックシティであす受注会

 次回の受注会は十日、さいたま市の大宮ソニックシティで開催される「WOMEN BIZ FESTA 2018」で行われる予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報