東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 埼玉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【埼玉】

県内初の公立夜間中学 入学希望60人超 川口市が4月開校

 川口市が四月に開校する県内初の公立夜間中学「川口市立芝西中学校陽春分校」の入学希望者が、六十人を超えた。「百二十人程度」とする募集人数の半分ほどだが、市の担当者は「初年度としては思いのほか、多く集まっている」と好意的に受け止めている。

 市によると、入学希望者六十一人のうち日本人が三十一人、外国人が三十人。外国人の内訳は中国十二、ベトナム六、韓国四、ネパール二、アフガニスタン二など。

 年齢は十代から八十代まで幅広く、若年層は外国人が多く、高年層は日本人が大半だという。

 川口市や周辺の市が二〇一七年秋に行った調査では、夜間中学に「通いたい」と答えた人の八割近くが外国人だった。しかし、現時点では日本人の希望者が半数を占める。

 奥ノ木信夫市長は十七日、報道陣に「外国人が対象だと誤解している人が多いが、日本人できちんと中学を卒業できなかった人や、学び直したい人も受け入れている」と語った。

 募集は開校直前まで続ける予定で、最終的な入学者はさらに増える見込みだ。

 小松弥生・県教育長は同日の定例会見で「潜在的な入学希望者は、もっといると思う。入りやすい環境づくりや、さらなるPRが課題だ」と指摘。川口市の担当者は「今は開校準備が中心だが、来年度に実際に学校が始まれば、より多くのPRができるのでは」と話している。 (井上峻輔、藤原哲也)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報