東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

東京五輪マラソン代表選考で新方式 日本陸連が基準明確化

写真

 日本陸上競技連盟は十八日、二〇二〇年東京五輪のマラソン代表の選考方式を発表した。一七、一八年度の指定レースで条件をクリアした選手を対象に、一九年九月以降に新設する「グランドチャンピオン(GC)レース」(仮称)を開いて男女各二人を選出。残り一枠は、一九年秋から二〇年春まで男女各三大会で選ぶ。複数レースの成績を比較していた従来の方式を改め、基準を明確にする狙いがある。 

 一七、一八年度は「GCシリーズ」として、両年度とも男子の東京マラソンなど五大会、女子の名古屋ウィメンズマラソンなど四大会を指定。日本陸連が定めた記録と順位を突破した選手がGCレースに進む。五輪前年度に行われていた従来の代表選考と違い、三年前の今夏から選考の第一段階が始まるため、選手には長期的な強化が求められる。

 マラソンは五輪の過去三大会で入賞者が男子一人にとどまるなど、男女ともに低迷している。東京都内で会見した日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは「三年かけてやらないと間に合わない」と強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by