東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本は首位発進 フィギュアスケート世界国別対抗戦

男子SPで首位に立った宇野昌磨=国立代々木競技場で

写真

 世界国別対抗戦は20日、東京・国立代々木競技場で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で世界選手権2位の宇野昌磨(中京大)が103・53点で1位になるなど、日本が首位発進した。順位点によるチーム得点ではロシアと44点で並んだが、大会規定で上回った。

 世界選手権王者の羽生結弦(ANA)はジャンプのミスが相次ぎ、83・51点で7位だった。

 女子SPでは三原舞依(神戸ポートアイランドク)が72・10点で3位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が71・41点で5位。エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が自身の世界歴代最高得点を更新する80・85点で1位となった。

 アイスダンスのショートダンス(SD)では村元哉中、クリス・リード組(木下ク)が63・77点で5位だった。

 6カ国が参加し、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組の順位ごとに与えられる得点の合計で争われる。2年前の前回大会で日本は3位。21日はペアSP、アイスダンスと男子のフリーが行われる。

◆宇野けん引 SP1位 攻めの姿勢貫けず

 わずかな間に、宇野の内面で二つの思いが湧き上がった。男子SPで、4回転−3回転の連続ジャンプを急きょ4回転−2回転に変更。少しスピードが落ちてしまった最初の着氷後に「いける」という自信と、「チームに迷惑を掛けられない」という慎重さが交錯した末、続くジャンプで後者を選んだ。

 取りこぼしを最小限に抑え、「計算通り」の103・53点。世界選手権の上位6人のうち5人が出場するハイレベルな男子でトップの成績だったが、笑顔はなかった。

 連続ジャンプは午前練習、6分間練習を通じて調子が悪く、不安を抱えていた。団体戦の結果を優先した選択は、冷静さを示す一方で「自分から逃げてしまったのでは」という疑念にもつながった。

 今季途中にフリーの4回転ジャンプを2種類から3種類に増やす決断をし、世界選手権銀メダルにつなげた。高い壁に挑むことで力を引き上げてきただけに「個人を優先すべきだったかどうかはわからないけど、まだまだ守りに入る選手ではない」。氷から降りてなお、揺れる心情を漏らした。

 反省は高い向上心の裏返し。フリーでは序盤に跳んできた4回転フリップを今季初めて、基礎点が高くなる後半に組み込む予定。「後味が悪い。フリーでは自分がやりたいことをやってチームに貢献したい」。攻めの心を取り戻し、今季の締めくくりを誇れるものにする。 (原田遼)

男子SPの演技を終え、厳しい表情を見せる羽生結弦

写真

◆羽生、ミス連発7位

 今季有終の美を飾るはずの舞台でつまずいた。羽生はミスを連発してプリンスの名曲「レッツ・ゴー・クレイジー」のプログラムを完成できず、83・51点止まり。演技を終えると天へ向け「ごめんなさい」。プリンスの命日の前日で気合をみなぎらせたが、空回りして「こんなんじゃ(プリンスの)顔に泥を塗っているようなもの」と顔をしかめ、声を震わせた。

 年明けから好調を維持してきた4回転ループが1回転にとどまると、4回転サルコー−3回転トーループはサルコーの着氷で右手をついて連続技にできなかった。今季はSPでの出遅れが散見され、今回も自己ベストから遠く及ばず「SPへの苦手意識ができはじめている」と明かした。

 振付師のバトル氏が「五輪1年前で何かを試したり、挑戦することに適した時期」と選んだのが今季滑ったロックナンバーだった。新境地開拓を目指したが、思い通りの演技はできないままで「最後まで試合で(SPを)作りきれなかった」。五輪シーズンへ、新たな課題が浮き彫りになった。

◆大会規定で首位

 日本はロシアと男女SP、アイスダンスSDの順位ごとの得点合計で44点と並んだが、大会規定で首位となった。

 各種目で1位12点、2位11点、3位10点…。全種目で上位二つの順位得点も合計22点で並んだが、日本は男子1位の宇野、女子3位の三原の演技得点で合計175・63点となり、女子1位のメドベージェワ、アイスダンス3位のボブロワ、ソロビエフ組で149・79点のロシアを上回った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by