東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高安、大関とりへ5連勝 剛と技を使い分け

遠藤(手前)を攻める高安

写真

◇大相撲夏場所<5日目>

 左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は苦戦しながら平幕千代翔馬を寄り倒し、連敗を免れて3勝目を挙げた。

 横綱白鵬は小結御嶽海を上手投げ、横綱日馬富士は大栄翔を上手出し投げで退け、そろって5連勝。横綱鶴竜は左足首のけがで休場した。

 大関陣はかど番の豪栄道が千代の国を押し出し、照ノ富士は関脇琴奨菊を上手投げで下し、ともに白星先行。大関とりの関脇高安は遠藤を寄り切り、5戦全勝とした。

 勝ちっ放しは白鵬、日馬富士、高安の3人で変わらなかった。

 大関昇進が目前の力士と新三役を目指す力士の差が、はっきりと表れた一番だった。

 相撲巧者の遠藤に対して高安は「突っ張っていこう」と立ち合いから突き放すことだけ考えていたという。今場所は四つ相撲ではなく、自身の圧力を前面に出して白星を重ねている。組むと手ごわい相手だけに持ち味をすべてぶつけるつもりだった。

 右胸から思い通りに当たったものの遠藤の踏み込みも低く鋭い。下から両手であてがって起こそうとしたが「起こしきれない」と判断すると、相撲内容を瞬時に変更。これができるところが高安の成長した証しだ。

 前に出ていた圧力を利用しながら左を差し、まわしを取って胸を合わせた。ここで休まず逆襲を許さない。右から絞って相手の下手まわしを切ると、右から強烈におっつけて一気に寄り切った。

 「自分の流れだったから、しっかり絞り、手順良く前に出ました」と予定変更の相撲で完勝。「毎日気分良く取れています」と胸を張った。

 日馬富士、白鵬と並んで初日からの5連勝に、八角理事長(元横綱北勝海)は「馬力があるから自分の形になれる。(5日目まで)ただ勝つだけでなく内容が良い。雰囲気があるし、(大関に)上がっていく勢いを感じさせている」と高評価。稀勢の里に代わり、今場所の主役になろうとする27歳の姿に目を細める。

 大関昇進の目安には10勝で到達するが、高安は場所前から「全勝優勝を目指します」。剛も技も使い分け、両横綱との優勝争いに堂々と挑んでいく。  (安田栄治)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by