東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

高安、迷い 玉鷲に立ち遅れ連勝止まる

玉鷲(右)が押し出しで高安を破る=両国国技館で

写真

◇大相撲夏場所<6日目>

 横綱、大関陣が安泰。左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は危なげなく平幕大栄翔を浴びせ倒し、4勝目を挙げた。

 横綱白鵬は遠藤を押し出し、横綱日馬富士は碧山を寄り切ってともに6連勝。大関昇進を狙う関脇高安が関脇玉鷲に押し出されて初黒星を喫したため、全勝は横綱2人となった。

 大関陣はかど番の豪栄道が下手投げで小結御嶽海を下し、照ノ富士とともに4勝目を挙げた。

 両横綱を追う1敗は高安と平幕大翔丸、新入幕阿武咲の3人となった。

      ◇

 勝負は一瞬でついた。立ち合い、やや立ち遅れた高安は右からかち上げたが、玉鷲のもろ手突きをまともに食らうと、体が浮き、そのまま押し出された。6日目で初めて土がつき、支度部屋に戻ると何を聞かれても無言だった。

 ともに立ち合いの破壊力が武器の2人の激突。高安の立ち合いを八角理事長(元横綱北勝海)は「ちょっと遅れたよね。いろいろ考えたんじゃないか。当たっていなかった」と見た。5日目までは相手に流れを渡すことなく、強さを見せつけていたが、この日は完敗。これも相撲である。

 2日目の朝稽古の後、高安は気を付けることとして「負けるとね。まあ、気持ちを安定させて毎日やるだけです」と話した。一つの黒星から大きく沈み込み、連敗する傾向があるのだ。

 初めて大関とりに挑んだ昨年の九州場所では、8日目からの5連敗が響いて7勝8敗と負け越した。初日から10連勝した今年の春場所では、11日目に鶴竜に敗れると3連敗を喫した。

 春場所で鶴竜、日馬富士に連敗した翌13日目の朝稽古では「思い切り体をぶつけていこうと思ったけど、横綱が1枚も2枚も上だった。欠けていたものが分かった」と明かした。大関になれば、相手も今まで以上にあの手この手で挑んでくる。一本調子では対処し切れない。

 前日までと同じようにかち上げにいった高安について、土俵下で見届けた藤島審判部副部長(元大関武双山)は「きょうの相手にベストだったのか。頭でいっても良かったのでは」と評した。上を目指すには策を練る力も伸ばさなくてはならない。 (生駒泰大)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報