東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

リオ女王・川井が貫禄V レスリング全日本選抜

女子60キロ級決勝で坂野結衣(下)を攻める川井梨紗子=東京・代々木第二体育館で

写真

 世界選手権(8月・パリ)代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権最終日は18日、東京・代々木第二体育館で男女計7階級が行われ、男子グレコローマンスタイル59キロ級で昨年の全日本選手権王者の文田健一郎(日体大)がリオデジャネイロ五輪銀メダルの太田忍(ALSOK)を倒して2連覇し、選考基準を満たして代表入りを果たした。

 男子フリースタイル61キロ級では中村倫也(博報堂DYスポーツ)が決勝、全日本王者とのプレーオフでリオ五輪57キロ級銀メダルの樋口黎(日体大)を連破して代表入り。

 女子はリオ五輪金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が60キロ級、土性沙羅(東新住建)が69キロ級を制し、48キロ級で須崎優衣(東京・安部学院高)が2連覇した。

 日本協会の強化委員会で川井、土性、須崎ら55キロ級を除く7階級の優勝者を代表に決めた。

      ◇

 高いレベルを目指しているからこそ笑顔はなかった。女子60キロ級を制した川井は「試合をするたびに課題が見つかる。このままでは世界で勝てない」。新しい攻撃の形を見せられず、表彰式でも厳しい表情を変えなかった。

 決勝の開始1分20秒、坂野結衣(警視庁)に体をひっくり返されて4点を先制される不覚を取った。「タックル以外で点数を取ろうと考えていた。相手の状況が見えていなかった」。失点でわれに返ると、タックルを解禁して一気に逆転。最後はテクニカルフォール勝ちと、坂野を寄せ付けなかった。

 攻撃に変化を求めるのは、リオ五輪で金メダルを取り、追われる立場になったことを自覚しているから。「自分はタックルの選手と思われている。(攻撃が)一つだと研究されて勝てない」と、崩しや寝技など得点の幅を広げることを課してきた。全ては「安定した強さ」のためだ。

 日本女子をけん引してきた吉田沙保里(至学館大職)や伊調馨(ALSOK)が不在の今、「後輩たちを自然と引っ張れるような存在にならないといけない」と自覚もある。変化を恐れることなく、次代のリーダーへ進化を続ける。 (平井良信)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by