東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

松山、全米OPゴルフ2位 日本勢過去最高 80年の青木以来

全米オープン選手権でホールアウト後、1980年の同選手権で2位の青木功(右)から健闘をたたえられる松山英樹。メジャーの日本勢最高に並ぶ2位に入った=18日、米ウィスコンシン州のエリンヒルズで(共同)

写真

 【エリン(米ウィスコンシン州)=共同】男子ゴルフの松山英樹(25)が十八日、米ウィスコンシン州エリンのエリンヒルズ(パー72)で行われた全米オープン選手権で、メジャーの日本勢最高に並ぶ2位に入った。一九八〇年の同選手権でジャック・ニクラウス(米国)と激闘を演じた青木功に順位で肩を並べた。世界ランキングでは4位から、自身の日本勢史上最高を更新する2位に浮上した。

 14位から最終ラウンドに臨んだ松山は8バーディー、2ボギーでこの日最高の66をマークして上位を猛追。通算12アンダーの276で競技を終えた。後続のブルックス・ケプカ(米国)が終盤に伸ばしたため栄冠には届かなかったが、117回の歴史と伝統を誇る最高峰の舞台で底力を示した。

 東北福祉大時代の二〇一一年に日本初のベストアマチュアに輝いたマスターズ・トーナメントから19度目となるメジャー挑戦で自己最高成績を収め、日本男子の悲願となっている栄冠へさらに期待が高まった。

◆青木・ニクラウス 37年前に死闘

 青木功がジャック・ニクラウスとの競り合いの末に2位となった一九八〇年の全米オープンは「バルタスロールの死闘」としてゴルフ史に刻まれている。

 当時37歳の青木は米ニュージャージー州のバルタスロールGC(パー70)で開催された大会で、「帝王」と呼ばれたニクラウスと3日目を終えて首位に並んだ。最終日も前半にリードしたニクラウスに最後まであきらめず食らい付いたが、2打及ばずメジャー制覇を逃した。

<松山英樹(まつやま・ひでき)> 4歳でゴルフを始め高知・明徳義塾高で全国高校選手権優勝。東北福祉大に進み初出場した11年のマスターズ・トーナメントで日本人初のベストアマチュア。同年11月に日本ツアーでアマチュア優勝。プロ転向した13年に日本ツアー賞金王に輝いた。同年秋から米ツアーに本格参戦し14年に初優勝。米ツアー通算4勝。180センチ、90キロ。25歳。松山市出身。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by