東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

宇良、敗北を力に 初の横綱戦 策通じず「もっと強く」

白鵬(上)にすくい投げで敗れた宇良

写真

◇大相撲名古屋場所<8日目>

 横綱白鵬は初対戦の平幕宇良を右すくい投げで下し、8連勝で勝ち越した。平幕碧山が初黒星を喫したため、白鵬が単独トップ。千代の富士の持つ史上2位の通算1045勝にあと1勝とした。

 横綱日馬富士は輝を下手出し投げで退けて6勝2敗とし、新大関高安は千代翔馬を寄り倒して7勝目を挙げた。大関豪栄道は北勝富士を寄り切って5勝目。

 勝ちっ放しの白鵬を1敗で高安と碧山が追い、2敗で日馬富士ら4人が続いた。十両は朝乃山が全勝で単独首位。

    ◇

 角界の時代の扉をこじ開けんばかりに、横綱戦に初めて挑んだ宇良は立ち合いで左に動いた。懐にいざ潜りこもうとした瞬間、太い腕で肩を突いて侵入を防いだ相手は、もう自身の正面に回り込んでいた。「あれは予想できない」。第一人者の白鵬に、自慢のスピードですら対抗できないと思い知った瞬間だった。

 「緊張したけど、思い切って相撲を取れた」という感触はあった。突き放してくる相手に、もう一度姿勢を低くして試みたのは足取り。5日目の栃ノ心に決めたタックルも、横綱にはかわされた。右四つで胸を合わされると、最後はすくい投げであおむけにされた。「がちっと受け止められて、宙を舞って」。背中と大銀杏(おおいちょう)に砂をべったり付け、つり屋根を見上げた。

 初めて幕内上位で迎え、7日目まで5勝2敗。多彩な技で名古屋のファンを沸かせながら、「安定して勝てている気持ちはない」と支度部屋では浮かない顔が続いた。「今は作戦を組んでやっている。揺るがない自分の形で勝つのが理想」

 目指すのは王道の押し相撲だが、まだ上位に通じる段階にないと自覚する。一方で膨らむ周囲の期待に応えるため、目の前の相手をどう倒そうか策を練る。全て含めて今の宇良。それが通じなかった。「強かったです」と振り返る表情は、若干のすがすがしさがあった。

 八角理事長(元横綱北勝海)は「上位と当たっても臆することがない。こういう子は強くなる」と豊かな可能性を見た。「もっと強くならないと」と宇良。9日目の日馬富士戦でも、小さな体にたっぷり未来への養分を蓄えることだろう。 (鈴木智行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by