東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

三浦、王座復帰ならず ボクシング・スーパーフェザー級

 【イングルウッド(米カリフォルニア州)=共同】世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦が15日、当地で行われ、33歳で同級1位の三浦隆司(帝拳)は王者ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)に0−3の判定で敗れ、2015年11月に失った王座への復帰はならなかった。

 三浦は1回にダウンを喫するなど序盤からペースをつかめなかった。中盤以降は攻勢に出たが、細かいパンチを受けて劣勢を覆せなかった。戦績は37戦31勝(24KO)4敗2分け、ベルチェルトは33戦32勝(28KO)1敗。

◆大差判定負け 「終始相手ペース」

 三浦は記憶に残る試合を闘ってきた。敵地メキシコでの初防衛や、敗れたとはいえ複数の米メディアから「年間最高試合」に選ばれたラスベガスでの激闘など語り継がれる一戦もある。しかし、この日は自ら「最後まで相手のペースで闘ってしまった」と振り返る内容で、王座返り咲きを逃した。

 1回、相手の左をもらい、尻もちをつくようにダウンした。「あれっという感じだった。ダメージは全然なくて、パニックにもならなかった」と話したが、これでベルチェルトを勢いに乗せてしまった。相手のスピードある動きの前に攻め手を封じられた。

 劣勢の中、粘り強く闘ったものの、左の強打は空を切り、巧みなステップで動く相手を仕留めることはできなかった。「倒してやろうという思いとは逆に、足を使われて空回りしているのも感じながら闘っていた」と打ち明けた。

 世界をうならせてきた33歳のファイターは、ボクシング人生の岐路に立つ状況となった。今後については「まだ何も考えられない」と短く話した。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by