東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

24年パリ、28年ロス決定 夏季五輪、ともに3度目

 【リマ=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は十三日、リマで総会を開き、二〇二四年夏季五輪の開催都市をパリ、二八年大会はロサンゼルスとすることを正式に決めた。二大会同時決定は五輪招致の深刻な冷え込みを受けた異例の措置。パリは百年ぶり、ロスは四十四年ぶりで、ともにロンドンと並ぶ最多三度目の開催になる。IOCと二都市による事前の三者合意が、IOC委員の挙手により満場一致で承認された。

 二〇年東京五輪の次の夏季大会となる二四年五輪の招致はパリとロスを含む五都市が立候補したが、財政負担に対する住民の反発などでローマ、ハンブルク(ドイツ)、ブダペストが相次ぎ撤退。二二年冬季五輪招致に続いて二都市しか残らなかった。五輪憲章では、開催都市は基本的に大会の七年前に選ぶことになっているが、開催能力の高いパリ、ロスの両方を確保するため、七月の臨時総会で同時決定案を承認。その後、ロスが二八年大会の開催を受け入れた。

 バッハ会長は「この歴史的な二大会同時決定はIOCと両都市にとってウィン、ウィン、ウィンの状況だ」と歓迎した。

 夏季五輪開催都市の同時決定は、一九二一年の総会で二四年パリ、二八年アムステルダム両大会を決めて以来九十六年ぶり。

 パリはエッフェル塔周辺やシャンゼリゼ通りなどの観光名所が競技会場となる計画が特徴的で、ロスは会場の97%が既存または仮設でコスト削減を実現する。

 両都市でのパラリンピック開催も同時に決まった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報