東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ベイ加速、CS目前 虎を圧倒4連勝 ウィーランド初完封

阪神に完封勝利し、捕手嶺井と抱き合うDeNA・ウィーランド=甲子園で

写真

◇DeNA7−0阪神

 DeNAが4連勝。ウィーランドは5安打に抑え、来日初完投を完封で飾り9勝目。打線は三回に桑原が先制打。六回は嶺井の2点三塁打で加点。八回には宮崎のソロ、九回は筒香の3ランで突き放した。阪神は2試合連続の零敗。

     ◇

 頼もしい右腕が勝利を呼び込んだ。DeNAはウィーランドが来日初完封で9勝目を挙げ、チームの4連勝に貢献。「本当にいい気分だ」と余韻に浸った。2位阪神に3・5ゲーム差に迫り、ラミレス監督も「今季最高の投球。すべてにおいて彼の日だった。完璧」と賛辞を並べた。

 軸となる直球で器用に球速差をつけた。140キロに届かない球を見せながらも「ここぞというところで力を入れる場面もあったし、加減ができた」と要所で140キロ台後半の球を投げ、ストライク先行の投球で押した。

 得意の打撃でも貢献した。三回にチーム初安打となる中前打を放つと、桑原の適時打で先制のホームを踏んだ。八回を終えると指揮官に「行かせてくれ」と志願した。9回を102球で投げ切り穏やかな笑みで、捕手の嶺井とハイタッチ。長打を許さない快投だった。

 これで石田、今永、ウィーランドと3試合連続で先発が無失点といい流れが続く。レギュラーシーズンのビジター最終戦を白星で締め、残りは7試合。2年連続のクライマックスシリーズ進出決定の歓喜を横浜スタジアムのファンと分かち合えるか。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報