東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

清元登子さん死去 元女子ゴルフ協会会長 不動ら指導

写真

 ゴルフの女子ツアーでアマチュアとして史上初めて優勝し、指導者としても実績を残した日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の元会長、清元登子(きよもと・たかこ)さんが16日に横浜市内の老人介護施設で誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。27日、LPGAが発表した。78歳。熊本県出身。葬儀・告別式は未定。

 20代半ばでゴルフを始めた。日本女子アマチュア選手権を3度制覇するなど活躍し、1973年のトヨトミ・レディースで樋口久子ら有力プロを破り、ツアー大会を制した初めてのアマチュアとなった。

 74年に35歳でプロツアーの一員となり、78年の日本女子オープン選手権などツアー通算8勝を挙げた。

 指導力にも定評があり、門下生の不動裕理、大山志保、古閑美保の3選手は賞金女王に輝いた。LPGAでは95〜96年に会長を務めたほか副会長など要職に就き、2013年からは顧問を務めてジュニア指導者の育成などに尽力。今春に日本プロゴルフ殿堂入りした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報