東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

掛布2軍監督 最後の指揮 「非常に濃い2年間」

 今季限りで退任する阪神の掛布雅之2軍監督(62)が28日、甲子園球場で行われたウエスタン・リーグ今季最終戦の広島戦で最後の指揮を執った。現役時代と同じ背番号「31」のユニホームを身にまとう「ミスタータイガース」の勇姿を、7000人を超えるファンが目に焼き付けた。

 チームは藤浪晋太郎投手の好投に加え、打線が16点を奪う大勝で花道を飾った。試合後のセレモニーで、2軍監督としての2年間は「ちょっと短かったかな」と笑いを誘いつつ「若い選手たちが確実に力をつけている。非常に濃い2年間だった」とあいさつした。胴上げを拒否し「胴上げは勝者がするもの。僕はもう去っていく人間ですから。選手には本当に申し訳ない」と説明した。

 球団からは「オーナー付のアドバイザー」の就任を要請されているが「はっきりと聞いていない。前向きに考えて結論を出す」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報