東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

CS争い白熱 ベイ快勝 4番筒香、健在弾

6回DeNA無死一塁、右越えに2ランを放つ筒香。投手は阪神・岩崎=横浜スタジアムで

写真

 DeNAが快勝した。四回に戸柱の9号3ランで先制し、六回に筒香の26号2ランと倉本の適時打で3点を加えた。石田は6回を7安打無失点の好投で6勝目。阪神は打線が11安打を放ちながら、終盤の2点止まりと攻め切れなかった。

 ◇ 

 一振りで球場の雰囲気を一変させられるのが、4番の資質だろう。3カ月ぶりに4番に座ったDeNAの筒香が26号2点本塁打をマーク。「自分どうこうではなく、チームが勝つことが大事」。CS進出に向けて大きな勝利を手にした。

 3点を先行して迎えた六回無死一塁。阪神の2番手岩崎が投じた内角のボールにうまく反応した。飛距離十分の打球は切れることなく、ポール際の右翼席へ。熱気が高まったファンの声援を一身に浴びたが、「追加点がほしかったので良かった」と献身的な姿勢を崩さなかった。

 筒香を3番、リーグトップの打点を誇るロペスを4番、首位打者に躍り出た宮崎を5番に据えるオーダーが、これまでの軸。強力なクリーンアップだが、この試合を含めた残り5試合で筒香を4番に据える戦略に切り替えた。「相手投手が誰と勝負していいか分からない。より攻撃力が高まる」とラミレス監督。狙い通りに主砲のアーチが飛び出し、指揮官は「うまく機能した」と手応えを得た。

 セ・リーグのCS出場はあと1枠。2年連続のCSへ自力進出すべく、筒香は「全部勝てるようにしたい」と強い覚悟を示す。残り4試合。日本代表の4番も務めた若き主砲が、チームの命運を握っている。 

  (磯部旭弘)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報