東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

貧打巨人 CS崖っぷち 連続出場の命運、2試合に懸ける

5回巨人2死一、二塁、二飛に倒れる阿部。投手は岩貞=東京ドームで

写真

◇阪神5−1巨人

 阪神が2位を決めた。一回に福留の内野ゴロの間に1点を先制し、二回に俊介の適時打で加点。2−1の七回に俊介のソロ、八回に梅野と代打中谷の連続適時打で差を広げた。岩貞は5回1失点で5勝目。巨人は連勝が4で止まった。

    ◇

 投打で圧倒され、クライマックスシリーズ(CS)進出が大きく遠のいた巨人。「投手が粘っている間にもう1点でも取れれば…」。今季を象徴するような得点力不足を嘆く高橋監督の表情は、こわばったままだった。

 先発の畠が一回にわずか4球で危険球退場したが、後を受けた中継ぎ陣は中盤まで試合をつくった。

 誤算は打線。奪った得点は村田のソロ本塁打のみ。一回1死一、三塁、五回2死一、二塁の得点機で打席に立った阿部はいずれも凡退。ベテランの主砲は「4番が最低限の仕事をできないと相手に流れがいってしまう」とうつむいた。

 主導権を引き寄せることができないまま、七回から登板したマシソンが3失点。指揮官は「一番信頼している投手。しょうがない」とかばったが、劣勢をはね返す力はなかった。

 あと2試合。1日に阪神に敗れ、DeNAが広島に勝てば、12球団で唯一2007年の創設時から続いていたCS進出が完全に途切れる。

 「(順位が)決まるまでは目の前の試合を勝ちにいく」。高橋監督は前を向いたが、状況は極めて厳しい。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報