東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

内村棄権、7連覇逃す 世界体操個人総合 予選で足首負傷

 【モントリオール=共同】体操ニッポンのエース内村航平選手(28)=リンガーハット=が二日、当地で開幕した世界選手権の男子予選で左足首を負傷して途中棄権し、六種目合計の個人総合で七連覇はならなかった。二〇一二年ロンドン、一六年リオデジャネイロ両五輪での二連覇も合わせ、八年連続で世界一に輝いていた。

 内村選手は二種目目の跳馬の着地で痛め、四種目目の鉄棒以降を棄権した。国内外の大会での個人総合で二〇〇八年十一月の全日本選手権からの連勝記録が四十でストップした。

 内村選手はリオ五輪後の昨年十一月末でコナミスポーツを退社し、日本体操界初のプロ転向。今年三月に故郷長崎県で創業した外食チェーンのリンガーハットと所属契約し、プロ選手として臨む初めての世界選手権だった。

◆しっかり治してはい上がりたい

<内村航平選手の話> (跳馬は)どんな体勢でも(着地で)立とうと決めていた。成功してけがをしているので、何とも言えない。けがをするのはまだ下手だから。しっかり治して、はい上がってやろうかなと思っている。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報