東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本選手、中国参戦できず 卓球・最高峰リーグ 実力アップ警戒か

 中国スーパーリーグに日本選手が参戦できなくなったことが分かった。日本協会関係者によると、中国協会が同リーグに全ての外国人選手を出場させない方針を固め、平野美宇(エリートアカデミー)が加入予定だったクラブから今月に入って受け入れができない旨の連絡が届いた。強化が進む日本選手を警戒しているとみられる。

 今年は石川佳純(全農)も初参戦を予定していた。少なくとも2020年東京五輪までは参戦できない見込みで、強化の場が一つ失われた。

 これまでも五輪の約1年前から中国側は日本選手の受け入れを制限してきたが、関係者は「3年前は少し早い。中国のメダル独占に向け、日本をターゲットにしている」と分析した。

 世界最高峰の同リーグには昨年、平野が挑戦して実力をつけ、今年4月のアジア選手権でリオデジャネイロ五輪女王の丁寧ら中国3選手を破って優勝するなど飛躍につなげた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by