東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

杉原6位 体操世界選手権

床運動を終えガッツポーズする杉原愛子=共同

写真

 【モントリオール=共同】世界選手権第5日は6日、モントリオールで女子個人総合決勝が行われ、予選を首位通過した21歳の村上茉愛(まい=日体大)は4種目合計54・699点にとどまり、メダルに0・100点届かずに4位だった。18歳の杉原愛子(朝日生命)は53・965点で6位に入り、日本体操協会によると同種目で2人そろっての8位入賞は初めて。

 16歳のモーガン・ハード(米国)が55・232点で初優勝し、米国に5大会連続の金メダルをもたらした。

 村上は跳馬で全体2位、床運動で全体1位の高得点を出したが、平均台の落下が響き、日本勢で2009年ロンドン大会銅メダルの鶴見虹子(こうこ)以来の表彰台を逃した。エルサベス・ブラック(カナダ)が2位、エレーナ・エレミナ(ロシア)が3位だった。

◆世界へ鮮烈アピール

 右肘に故障を抱えながら、初出場の女子個人総合決勝で軽やかに舞った。18歳の杉原は大きなミスなく4種目をまとめ、大健闘の6位入賞。「実感がなくて驚いている」と目を丸くした。

 9位通過の予選から技の難度を上げ、平均台で成功と認められれば「スギハラ」と名前の付くE難度の新技「足持ち2回ターン」に挑んだ。床運動では女王に輝いたハードを上回る全体2位の13・833点。大会前は約3週間練習ができなかっただけに、朝日生命の塚原直也総監督が「上出来。堂々と攻めの演技をしてくれた」とたたえた。

 世界の審判員に名前を売り込み、杉原は「3年後の東京五輪に向けて、いい経験になった」。目標の五輪でのメダル獲得に大きなステップを踏んだ。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by