東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

菊池、8年目で初栄冠 個人タイトル確定 菅野も2冠

 セ、パ両リーグの個人タイトルが確定し、パは菊池(西武)が16勝、防御率1・97で、プロ8年目で初タイトルとなる最多勝と最優秀防御率を獲得した。最多勝は東浜(ソフトバンク)も5年目で初めて獲得。セは菅野(巨人)が17勝、防御率1・59で初の最多勝と2年連続3度目の最優秀防御率を獲得した。

 打撃部門は、セは宮崎(DeNA)が打率3割2分3厘で初の首位打者、ゲレーロ(中日)が35本塁打で本塁打王、ロペス(DeNA)が105打点で打点王に。最多安打はロペスと丸(広島)が171安打で分け合った。パはデスパイネ(ソフトバンク)が35本塁打、103打点で本塁打王と打点王の2冠に輝いた。秋山(西武)が打率3割2分2厘、185安打で初の首位打者と2度目の最多安打を手にした。

 セを2連覇した広島勢は田中が35盗塁で盗塁王と3割9分8厘で最高出塁率を、薮田が13勝以上を対象とした勝率第1位を8割3分3厘でともに初めて獲得。2位阪神勢はドリスが37セーブでセーブ王、桑原とマテオが43ホールドポイントで最優秀中継ぎと救援のタイトルを独占。マイコラス(巨人)が187三振で最多奪三振を獲得した。

 パはこの他、柳田(ソフトバンク)が4割2分6厘で3年連続の最高出塁率、西川(日本ハム)が39盗塁で2度目の盗塁王を獲得。則本(楽天)が222三振で4年連続の最多奪三振に輝いた。勝率第1位は勝率7割6分5厘の千賀、セーブ王はプロ野球記録の54セーブを挙げたサファテ、最優秀中継ぎは46ホールドポイントで岩崎とソフトバンク勢が獲得した。

◆有言実行「うれしい」

 岩手・花巻東高時代から注目されてきた西武の菊池がプロ8年目で初のタイトルを手にした。最多勝と最優秀防御率の2冠に「1年間、ローテーションを守ることを意識した結果。すごくうれしい」と喜んだ。

 シーズン前に掲げた目標は、勝ち星の数ではなく、180イニングを投げることだった。「1年間、投げれば数字はついてくる」との思いからで、リーグトップの187回2/3を投げ抜き、有言実行の活躍を見せた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報