東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

村上満開 金の笑顔 体操 世界選手権から帰国会見

記者会見で金メダルを手にする村上茉愛=11日夜、東京都渋谷区で

写真

 世界選手権(モントリオール)の種目別女子床運動で日本勢初の金メダルに輝いた21歳の村上茉愛(日体大)が11日、帰国した。引き続き、東京都内で開かれた記者会見では「空港で一般の方におめでとうと言ってもらえて、メダルを取るとこんなにも違うのかというのを実感した」と満面に笑みを浮かべた。

 高難度の技を組み込んだダイナミックな演技で頂点をつかみ「もう一度やれと言われてもできないくらい自分から点数を稼ぎにいく攻めた演技ができた」。日本女子の世界一は1954年大会で平均台優勝の田中(現姓池田)敬子以来63年ぶり2人目の快挙。「表彰台に立った時にいつもの3倍くらいの声援が聞こえた。日本女子が強くなってきたとアピールできた」と誇った。

 大黒柱としての活躍が期待される2020年東京五輪に向けて「プレッシャーに負けない自分をつくり上げ、最強の村上と言ってもらえるように練習していきたい」と飛躍を期した。

 金メダルを手に帰国した村上は晴れやかな表情で大会を振り返った。

 −堂々とした演技で頂点に立った。

 何回も練習をして仕上がっている状態で臨めたので何一つ不安はなかった。攻めの演技ができた。

 −予選を首位通過した個人総合決勝では平均台の落下があって4位。

 一番の反省は調整がうまくできなかったこと。メダルが取れる位置にいたので取りたかったが、あのプレッシャーの中で演技できない自分の弱さを実感できた。

 −今後に向けた目標。

 来年は個人総合に力を入れたい。平均台と段違い平行棒が弱いのが勝てない理由なので強化しないといけない。得意の床運動と跳馬はとにかく質を上げたい。

 −自分にキャッチフレーズをつけるなら。

 言われたことがあるのはゴムまり娘。昔から力強い演技やばねのある演技を目指しているので、そう呼んでください。

 −今一番したいこと。

 カナダで体重が落ちたので、おすしとかおいしいものをたらふく食べたい。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報