東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

G村田が戦力外 現役希望 チーム若返り余波

写真

 巨人は13日、通算360本塁打をマークしている村田修一内野手(36)と来季の契約を結ばないと発表した。チームは若返りを図っており、来季以降に十分な先発出場の機会を与えられないと判断した。村田は他球団でのプレーを目指す。

 鹿取義隆ゼネラルマネジャー(GM)は東京都内での交渉後に取材に応じ「まだ十分選手としての力はあると思うが、チームが若返りを図るためにこういうことになった。苦渋の決断でした」と説明。村田は「はっきり言ってくださって、本当にありがとうございました」と答えたという。

 プロ15年目の今季は開幕当初こそ新加入のマギーに三塁の定位置を譲ったが、118試合に出場し、打率2割6分2厘、14本塁打、58打点。通算2000安打にはあと135本としている。

 村田は東福岡高から日大を経て自由獲得枠で2003年に横浜(現DeNA)に入団し、07、08年と2年連続で本塁打王を獲得。フリーエージェント(FA)権を行使して12年から巨人でプレーしていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報