東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

妖精シャラポワ、再生V 世界ランク57位に

 女子の天津オープンで15日、マリア・シャラポワ(ロシア)が、2015年5月のイタリア国際以来となるタイトルを獲得した。ドーピング違反による1年3カ月の資格停止処分が4月に明けてから、待望の初優勝。1セットも落とさずに5試合を戦い抜き、ツアー通算36勝目を手にした。「特別な勝利。ずっと忘れることはない」と感慨に浸った。

 決勝は19歳のアリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)の強打に押され、第1セットは1−4、第2セットも1−5とされた。だが粘り強く拾い続けてミスを誘い、7−5、7−6で振り切った。「本当に長い道のりだった。ここ数年、毎日そばにいてくれた」と両親への感謝も口にした。

 ことしの全米オープンは主催者推薦で出場した。4回戦で敗退するまで、全ての試合がセンターコートで行われる特別待遇に選手から批判も出た。ドーピング違反は意図的ではなかったと認められたものの、30歳の元女王への風当たりは強い。一方で5月1日に262位だった世界ランキングは天津オープン前に86位まで戻り、この優勝で57位と着実に上昇中。16日からモスクワで行われるクレムリン・カップでも輝きを放ちそうな勢いだ。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報