東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

タカ目覚め乱戦制す 中村晃、決勝2ラン

◇パ・CSファイナルS ソフトバンク7−5楽天

 ソフトバンクは八回、中村晃が右越えに勝ち越し2ランを放って接戦を制した。三回に内川の3ランで5−3と逆転したが、五回に追い付かれていた。六回以降は救援陣が踏ん張り、九回はサファテが締めた。城所は2二塁打に再三の好守でチームを乗せた。

 楽天は1−2の二回にすぐに逆転したが、則本が序盤に崩れて流れを引き寄せられなかった。

 ◇ 

 八回に殊勲の決勝2ランを右翼席に突き刺した中村晃は、鬼のような形相でダイヤモンドを一周した。「2試合続けて負けたというのに笑っている場合じゃない」。1、2戦の自身のふがいなさと、打順降格の悔しさをバネに、渾身(こんしん)の一振りでソフトバンクを勝利に導いた。

 2試合でチームの得点はソロ3発という惨状に、藤本打撃コーチは打順を大幅に組み替えた。「一回から点を取りにいく」と、好調の今宮を1番に置き、3番はデスパイネ。第2戦では好機で凡退し、勝負どころで送りバントを決められなかった中村晃は、敗戦の責任を背負うように3番から7番に下がった。

 打線のてこ入れが功を奏し、則本から早々に5得点。だが、中村晃は2三振を喫するなど則本の前に3打席凡退。しかし、2死一塁で迎えた4打席目の相手は福山。気持ちを切り替え、無心で臨んだという。「追い込まれたらボールを追っ掛けてしまう。初球からいこう」。1ボールからの2球目のシュートを完璧に仕留めた。

 工藤監督は「うちの打線で7番はポイントゲッターという話を中村晃にしたが、本当によく打ってくれた」と最敬礼。総力戦で星を五分に戻し、「試合前にみんなには『がむしゃらに、ばかになって野球をやろう』と言った。本当に集中して戦ってくれた」と満足そうに話した。

 (牧田幸夫)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報