東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

村田「夢じゃなかった」 世界王座奪取 一夜明け会見

世界戦から一夜明け、記者会見する新王者の村田諒太=東京都新宿区の帝拳ジムで

写真

 世界ボクシング協会(WBA)ミドル級新王者となった2012年ロンドン五輪金メダリストの村田諒太(31)=帝拳=が王座奪取から一夜明けた23日、東京都内で記者会見し「昨日は夢じゃなきゃいいと思った。やっと夢じゃないと思っているところ」と柔らかな笑みを浮かべた。

 村田はアッサン・エンダム(33)=フランス=との再戦に7回終了TKO勝ちし、5月に王座決定戦で判定負けした雪辱を果たした。一方的に攻めた完勝に「自分の方が絶対強いという気持ちでいった。それがいい結果に出た」と実感を込めた。

 日本の五輪メダリスト初となるプロの世界王者に輝き、1995年の竹原慎二以来、日本選手2人目のミドル級世界王座に就いた。今後に向け「謙虚に一歩ずつ進んでいきたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報