東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

広島崖っぷち投打さえず

9回広島2死、見逃し三振に倒れた田中(手前)をベンチから見る緒方監督(右)

写真

◇DeNA4−3広島

 九回2死無走者。田中が見逃し三振に倒れると、球場内に広島ファンのため息が充満した。「後はないが、気は焦らず明日もしっかり自分たちの野球をするだけ」。投打がかみ合わない上、采配も決まらずに3連敗。緒方監督は努めて前を向いたが、リーグ王者が崖っぷちに立たされた。

 「勝負どころで得点につながらなかった」。指揮官が悔いたように、1点を追う六回無死満塁の絶好機を逸したのが痛かった。岩本、小窪と続けて代打を送るも連続三振。田中も二ゴロに終わり、逆転ムードは消え去った。

 零封負けを喫した第3戦から、2日間の雨天中止を挟んで迎えた第4戦。一回に3点を先制し、潮目は変わったかに思われた。だが、先発の薮田が誤算だった。3−1の五回。先頭への四球をきっかけに同点とされると、1死も取れずに走者を二塁に残したまま降板。後を受けた九里もこらえることができなかった。

 「良い感覚がずっとつかめなかった」とうなだれた薮田。レギュラーシーズンでは一度もなかった中4日での登板の影響は否定したが、制球はずっと不安定なままだった。

 2安打1打点と気を吐いたベテランの新井が声を絞り出す。「意地を見せたい」。目標は昨年逃した日本一。挑戦権すら手にしないまま、終われない。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報