東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

五輪貢献「東京でかなえば」 幻のモスクワ代表、苦悩今も

ボイコットしたモスクワ五輪をテーマにしたシンポジウムで、当時を振り返る日本レスリング協会の高田裕司専務理事(左から2人目)=10日、東京都内で

写真

 日本や米国などが当時のソ連によるアフガニスタン侵攻に抗議してボイコットした一九八〇年モスクワ五輪の「幻の日本代表」の多くが、今も苦悩や葛藤を抱えていることが、日本スポーツ学会の最近の調査で浮き彫りになった。アンケートでは82%が「ボイコットすべきではなかった」と回答。元選手の間では、四十年の節目となる二〇二〇年東京五輪の開会式や聖火リレーなどで改めて「スポーツと平和の価値」を訴える機会を模索する動きが出ている。

 怒りに震えた日は忘れない。東京都内で十日に開かれたシンポジウムで、モスクワ五輪代表だった日本レスリング協会の高田裕司専務理事(63)は「国のために日の丸を揚げる思いが昔は強かったが、ばかばかしくなった」と回想した。涙の訴えも届かず「男のくせに泣くな」と苦情電話を受けた。「次の(八四年)ロサンゼルス大会で金メダルを取ったら、首から外してぶん投げようと思っていた。銅だったからやらなかったけど」と打ち明けた。

 同学会によると、モスクワ五輪に選ばれたのは百七十八人(馬術の候補選手含む)。所在が判明した九十二人に質問書を送付し、九日までに六十一人から回答を得た。今も大きな傷として残るのは「五輪代表と言っても必ず“幻”がつくので堂々と代表と言っていいのか」(水泳選手)という思いだ。

 米国では、当時のカーター大統領がホワイトハウスに選手を招待し、経緯を説明したという。だが日本は認定証とバッジが配布された程度。レスリング男子の太田章氏(60)は「国内では五輪代表と認定してくれたが、国際的には認定してもらえていない。おそろいのユニホームも一着もない。聖火リレーで東京五輪に参加できれば」と訴える。

写真

 英国、フランスなどは政治の圧力に屈せず参加を決めた一方、日本は「スポーツの独立」を守れなかった。モスクワの教訓から日本オリンピック委員会(JOC)は日本体協から独立し、組織と財政面で自立の道を選んだ。だが二〇年五輪に向けてもスポーツ界の存在感は依然乏しく、スポーツ庁の設置などで政治主導は強まる。馬術の選手だったJOCの竹田恒和会長(69)はモスクワ五輪出場の夢を絶たれ、引退を決意した一人。「五輪を奪われたモスクワ代表同士で何ができるか。みんなで五輪を応援してもらう形につながれば意義がある」と話した。

<モスクワ五輪> 東西冷戦下の1980年、ソ連(当時)のアフガニスタン侵攻に抗議する米国のカーター大統領がボイコットを主導した。日本オリンピック委員会(JOC)は臨時総会での採決を行い、参加13、不参加29、棄権2で不参加を決定した。政府からの補助金頼みだった競技団体は政治の介入を阻めず、日本のスポーツ界には苦い教訓が残された。4年後の84年ロサンゼルス五輪は報復として東側諸国が参加せず「ボイコット合戦」となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報