東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

「ベーブ・ルースのよう」 日ハム栗山監督 清宮にあいさつ

ドラフトの当たりくじを持ち、早実・清宮に指名あいさつに訪れる日本ハム・栗山監督=東京都国分寺市で

写真

 日本ハムは27日、栗山監督らが東京都国分寺市の早実高を訪れ、ドラフト1位で指名した清宮幸太郎内野手にあいさつをした。会談後、清宮は取材対応をしなかったが、栗山監督は「雰囲気がある。ベーブ・ルースのよう。引きつける何かがある」と米大リーグの伝説的な強打者に例えながら絶賛した。

 清宮はメジャーで本塁打王になるという目標を掲げている。日本ハムは来春の1軍キャンプを米アリゾナ州のダイヤモンドバックスの施設で行う。栗山監督は「いろんなものを見た方がいい。体の状態を把握していないので見ながら」と1軍スタートを検討する考えを示した。清宮は球団が建設を目指す新球場についても質問したという。球団関係者によると栗山監督は「(完成する)5年後あたりに輝いてほしい」という言葉を送り、将来性豊かなスラッガーに大きな期待を寄せた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報