東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

サッカー日本代表 全25選手そろう

ブラジル戦に向け調整する杉本(右から2人目)らサッカー日本代表の選手たち=リールで(共同)

写真

 【リール(フランス)=浅井俊典】欧州遠征でブラジル、ベルギー両代表と対戦する日本代表は6日、当地での練習にJリーグ所属の国内組と川島(メッス)、浅野(シュツットガルト)らが合流し、招集された25選手がそろった。

 この日は選手の状態を踏まえ、4グループに分かれてトレーニングした。日本から移動してきた国内組はランニング、前日の練習から参加している吉田(サウサンプトン)らはボールを使って約1時間半、汗を流した。

 長谷部(アイントラハト・フランクフルト)、興梠、遠藤(浦和)、倉田(G大阪)の4人は、室内での別メニューだった。

 日本は10日にリールでブラジル、14日(日本時間15日)にベルギーのブリュージュでベルギーと対戦する。

◆ルヴァン杯V弾 杉本、ブラジル戦でも 

 4日のJリーグYBCルヴァン・カップ決勝でC大阪の優勝に貢献し、最優秀選手にも選ばれた杉本が、勢いそのままに10日のブラジル戦出場に意欲を示している。身長187センチの長身FWは「相手がどこであろうと、ゴールのイメージは常に持っている。ワンチャンスをものにしたい」と世界屈指の強豪にもひるむ様子はない。

 ルヴァン杯決勝では相手DFのミスを突き、キックオフからわずか47秒で先制点を決めた。高さを生かして前線でポスト役をこなせる上に、足元の技術もある。10月のハイチ戦で代表初得点を決めたことも自信を深める一因となった。

 ブラジルは圧倒的な攻撃力に加え、DFチアゴシウバ(パリ・サンジェルマン)を中心に守備陣の能力も高い。日本はこれまで強国相手に空中戦で劣勢を強いられてきただけに、ハリルホジッチ監督は「杉本や大迫(ケルン)の高さは必要」と期待する。

 ブラジルには過去11度戦って一度も勝ったことがない。「勝てれば最高だし、日本も盛り上がると思うので勝ちにいく」と杉本。ブラジル相手に得点を奪えれば、代表定着にも大きく近づく。 (浅井俊典)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報