東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

鶴竜、4場所連続休場

鶴竜

写真

 西横綱鶴竜(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が8日、九州場所(12日初日・福岡国際センター)を休場することが決まった。今場所は全休する。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、7月の名古屋場所で負った右足首痛に加え、数日前から腰痛を併発していた。8日付で「腰部挫傷、右足根骨剥離骨折後により約3週間の治療を要する見込み」と診断された。休場は先場所の全休を含み4場所連続で、今年は5度目となる。

 鶴竜は10月の秋巡業を皆勤するなど出場に前向きの意向を示していたが、回復が思わしくなく、6日から稽古ができていなかった。井筒親方は「稽古の貯金が足りず、焦ってやっていた。今の段階で3日間まわしをつけられない状況で出場するのはかえって無責任。本人もじくじたる思いだと思う」と話した。

 次に出場する場所で進退を懸けるとしており、同親方は「(来年)1月の初場所に向かって頑張りたい。最後の場所のような気持ちで臨みたい」と述べた。

 4横綱は2場所連続で初日からそろい踏みとならず、全員の皆勤は5場所目の今場所も実現しなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報