東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

ロシア、国家ぐるみ否定 ソチ五輪ドーピング 自国捜査委結論

 【モスクワ=共同】ロシア連邦捜査委員会は8日、2014年ソチ冬季五輪に出場した自国選手の薬物使用検査を巡る捜査結果を発表し、国家ぐるみのドーピングはなかったと結論付けた。世界反ドーピング機関(WADA)が昨年7月、国ぐるみの関与があったとの調査報告書を出していた。

 国際オリンピック委員会(IOC)はロシア選手団の来年2月の平昌五輪への出場可否を巡り、ソチ五輪で採取したロシア選手の検体を再検査中で、12月の理事会で最終判断を下す見込み。ロシアはこれに先立ち、改めて組織的不正を否定した。

 ロシア側の動きは、来年3月の平昌パラリンピックへのロシア選手出場可否にも影響する可能性がある。WADAは、同国が調査報告書の内容を公式に認めることを、同国反ドーピング機関の資格回復条件の一つに挙げた。国際パラリンピック委員会(IPC)は、この回復を同国選手の平昌パラリンピック出場可否の判断材料としているためだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報