東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日ハム、大谷の米移籍容認 ポスティング利用

スーツ姿で寮を出る日本ハム・大谷=鎌ケ谷で

写真

 日本ハムは10日、大谷翔平(23)から今オフの米大リーグ挑戦の申し入れがあり、ポスティングシステムを利用して移籍することを認めると発表した。東京都内のホテルで会見した栗山英樹監督は「本人の思いを球団全員で受け止める」と話した。

 大谷は11日に東京都内で会見を行う。

 大谷は東京都内で栗山監督らと今季終了後初めて面談。竹田憲宗球団社長によると「メジャーで世界一になるという夢に挑戦したい」と希望を伝えられたという。ポスティング制度は日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)の間で改定交渉が続いているが、AP通信が8日に今オフは現行制度で行うことで大筋合意したと報じている。日本ハムは制度が発効されたあとに申請手続きを行う。

 大谷は5年目のシーズンを終えたばかりで1軍での登録が9シーズン必要な海外フリーエージェント(FA)権の資格は満たしておらず、移籍には所属球団の了承を得てポスティング制度を利用する必要がある。現行制度では日本球団が2000万ドル(約23億円)を上限に譲渡金を設定し、その金額を支払う意思のある全ての球団が交渉できる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報