東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

横綱日馬富士が暴行 巡業中、酒席で 貴ノ岩大けが

貴ノ岩

写真

 大相撲の東横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が十月の秋巡業中に平幕貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=を殴打して大けがを負わせたことが十四日、分かった。日馬富士は謝罪し、九州場所三日目からの休場を決めた。酒席でのトラブルだったという。 

 日馬富士は同日午前、福岡県太宰府市の伊勢ケ浜部屋での朝稽古後「貴ノ岩のけがについて、貴乃花親方、貴乃花部屋、相撲協会、(伊勢ケ浜)部屋の親方に大変迷惑を掛けたことを深くおわび申し上げます」と謝罪。「これ以上のことは親方が帰ってきてから」と話した。暴行の実態などについては説明しなかった。

 協会関係者によると、日馬富士は十月二十六日夜に鳥取県内で、感情のもつれなどから貴ノ岩にビール瓶などで暴力を振るったとされる。貴ノ岩は「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」と診断され、十一月に一時入院。九州場所は初日から休場している。

 日本相撲協会幹部は、九州場所を開催中の福岡国際センターで対応を協議した。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)によると、八角理事長(元横綱北勝海)ら執行部が両力士の師匠である伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と貴乃花親方(元横綱)から事情聴取。

 日馬富士は二〇〇一年初場所に「安馬」のしこ名で初土俵を踏み、軽量ながらスピード感あふれる相撲と闘争心で〇四年九州場所に新入幕。現在のしこ名となった大関時代の〇九年夏場所で初優勝を遂げ、一二年秋場所後に第七十代横綱に昇進した。数々のけがに苦しみながら、先場所は逆転で九度目の優勝を達成した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報