東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日馬富士が貴ノ岩暴行 協会、場所前に把握

 大相撲の横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋=が、十月の秋巡業中に幕内貴ノ岩(27)=本名アディヤ・バーサンドルジ、モンゴル出身、貴乃花部屋=を殴るなどしてけがを負わせていた問題で、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方(元横綱)が十月下旬に鳥取県警に被害届を提出していたことが十四日、分かった。現役横綱の不祥事を受け、日本相撲協会は危機管理委員会が調査を始めると発表した。

 同委員会は危機管理部の鏡山部長(元関脇多賀竜)を中心に設置し、日馬富士本人からの事情聴取を含め、調査する。春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)は「一週間や十日でできる話ではないが、できるだけ早い解明をしたい」と話した。

 協会関係者によると日馬富士は十月二十六日未明、鳥取県内であったモンゴル出身力士の親睦会で、感情のもつれから貴ノ岩をビール瓶で殴るなどしたとされる。協会は十四日午後、同センターで臨時の会合を開き、理事らが両力士の師匠、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)と貴乃花親方から事情を聴いた。

 会見した春日野部長らによると協会は遅くとも今月二日に問題を把握。関係者に事情を聴いたが、同日に貴ノ岩が貴乃花部屋の宿舎がある福岡県田川市の市役所へあいさつに訪れていたこともあり、「何もなかったという感覚だった」という。貴乃花親方は被害届を取り下げる考えを否定した。

 貴ノ岩は暴行を受けたとされる日の朝、鳥取巡業に参加したが、今月初めに一時入院。九州場所を初日から休場し十三日、協会に「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」との診断書を提出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報