東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

日本競り負ける 格上ベルギーに0−1 サッカー国際親善試合

後半、先制ゴールを許した吉田(左から2人目)ら日本代表=ベルギー・ブリュージュで(岩本旭人撮影)

写真

 【ブリュージュ(ベルギー)=浅井俊典】国際親善試合は14日、当地で行われ、日本はベルギーに0−1で敗れた。後半27分にシャドリに守備陣が振り切られ、クロスをR・ルカクに決められた。終盤、途中出場の杉本(C大阪)や乾(エイバル)らに好機があったが、得点できなかった。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング44位の日本は、同5位のベルギーとの対戦成績が2勝2分け1敗となった。

 来年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた強豪との2連戦は10日のブラジル戦に続いて敗れ、4年ぶりの欧州遠征を終えた。

 W杯の抽選会は12月1日に行われ、1次リーグの対戦相手が決まる。

◆一瞬の隙 4人かわされる

 目の前にいる相手は、ブラジルほどどうにもならないわけではないと、ピッチの選手たちが感じていた後半27分、突如として日本守備陣が乱れた。ゴール前に切り込んだシャドリにあれよあれよと4人がかわされ、左クロスを許してしまう。最後はフリーのR・ルカクに悠々と頭で押し込まれた。

 強国相手に見せたわずかな隙。吉田は「一瞬、全員が気を抜いてしまった。本来なら外に追い込むべきなのに、中に入られてしまった」と悔やんだが、結局これが決勝点になった。

 4日前のブラジル戦と比べれば、確実な前進はあった。試合前に話し合ったという守りは、前から圧力をかける場面と、引いて守りを固める場面の使い分けを明確にした。これが功を奏し、前半は無失点で乗り切った。

 山口は「ブラジル戦から修正できた部分は多かった。ポジティブなものはあった」と手応えを口にする。

 皮肉なことに、日本の善戦が後半のベルギーを本気にさせた。ホームで下手な戦いはできないだけに、明らかに攻撃を加速。迫力を増した相手に、日本は付け入る機会を与えてしまった。

 「チームは良い試合をした。失点以外はゲームをコントロールした」とハリルホジッチ監督は言う。試合内容は向上しながら、ブラジル戦に続く敗戦。「ロスタイムも含めて95分が終わるまでいかに集中を切らさないか。失点は甘さが出た」と長友。埋められそうで埋められなかった上位国との差は、来年のW杯までの課題として残された。 (ブリュージュ・浅井俊典)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報