東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

白鵬、日馬富士の暴行認める ビール瓶殴打「事実でない」

 大相撲の横綱日馬富士による平幕貴ノ岩への暴行問題で、横綱白鵬(32)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身=が十六日、福岡県篠栗町の宮城野部屋宿舎で朝稽古後に取材に応じ、「私はその場にいた。手を出したのは事実」と暴行があったことを認めた。

 ビール瓶で殴打したことや馬乗りになって殴り続けたことは「殴っておりません。事実ではない」と否定した。

 日本相撲協会の関係者らによると、日馬富士は十月二十六日未明、鳥取県内であったモンゴル出身力士の親睦会で、感情のもつれから暴行に及んだとされる。

 白鵬は「(暴行の途中で)すぐ止めに入って部屋から連れ出した」と話した。同日に鳥取市で行われた巡業では、日馬富士と貴ノ岩が「お互い悪かった」と謝り合っている姿を見たという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報