東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

サッカー・ロシアW杯 全32チーム決定 来月1日抽選会

 【ベルリン=共同】2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会は15日、予選の最後を飾る大陸間プレーオフ第2戦でペルーがニュージーランドを2−0で下して最後に本大会出場を決め、全32チームが出そろった。

 前回ブラジル大会覇者のドイツや、最多5度の優勝を誇るブラジルが順当に各大陸予選を突破した。過去の優勝チームではアルゼンチン、ウルグアイ、イングランド、フランス、スペインもロシア行きの切符を手にした一方、優勝4度の実績を持つイタリアは欧州予選プレーオフで敗退した。

 前回大会3位のオランダや南米選手権2連覇のチリも予選で姿を消した。初出場はアイスランドとパナマ。アジアからは6大会連続出場となる日本のほかイラン、サウジアラビア、韓国、オーストラリアが出場する。

 W杯組み合わせ抽選は12月1日にモスクワで行われる。

◆日本は第4G

 【ベルリン=共同】国際サッカー連盟(FIFA)は16日、W杯ロシア大会の組み合わせ抽選に用いるグループの振り分けを発表し、FIFAランキング44位の日本は第4グループとなった。

 10月のFIFAランキングを基に8チームずつ、四つのグループに分類され、第1グループには開催国ロシアのほかに前回優勝のドイツ、強豪ブラジルなどが入った。優勝経験を持つスペイン、イングランド、ウルグアイは第2グループ。

 出場32チームが4チームずつ8組に分かれて争う1次リーグは各グループから1チームずつを抽選で振り分ける。欧州を除き、同じ大陸から2チームが同組にはならない。

 組み合わせ抽選に用いる各グループは次の通り。

 ▽第1グループ ロシア、ドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランス

 ▽第2グループ スペイン、ペルー、スイス、イングランド、コロンビア、メキシコ、ウルグアイ、クロアチア

 ▽第3グループ デンマーク、アイスランド、コスタリカ、スウェーデン、チュニジア、エジプト、セネガル、イラン

 ▽第4グループ セルビア、ナイジェリア、オーストラリア、日本、モロッコ、パナマ、韓国、サウジアラビア (共同)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報