東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

稲葉J初陣 粘って白星 プロ野球アジアCS開幕

韓国戦のタイブレーク延長10回、田村が左中間にサヨナラ二塁打を放つ=東京ドームで

写真

 国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は16日、東京ドームで開幕し、予選リーグ初戦で日本は韓国に無死一、二塁で始まるタイブレークの延長十回、8−7で逆転サヨナラ勝ちし、稲葉監督の日本代表での初陣を白星で飾った。2020年東京五輪で金メダルを目指す「稲葉ジャパン」は、アジアのライバルを相手に好スタートを切った。

 日本は3−4の九回、1死から2四球と安打で満塁として京田(中日)が押し出し四球で追い付き延長戦に持ち込み、十回に3点を失ったが、上林(ソフトバンク)の3ランで追い付き、田村(ロッテ)の二塁打で試合を決めた。

 大会には台湾を加えた3チームが参加し、24歳以下かプロ入りから3年以内の若手を中心としたメンバーで争われる。

 17日に韓国−台湾、18日に台湾−日本が行われ、予選リーグ上位2チームが19日の決勝に進む。

 約4時間30分の熱戦の末、初陣を飾った日本代表の稲葉監督は「みんなでつかんだ1勝」と喜びをかみしめた。2020年東京五輪に向けて「稲葉野球」の方向性を示す場で確かな手応えをつかみ、表情には充実感が漂った。

 1点を追う九回、土壇場で追いつくと、延長十回に再び劣勢をはね返した。無死一、二塁から始まる国際大会ならではのタイブレーク。直前の守りで3点を失ったが「選手は絶対にいけるという表情をしていた」。先頭の山川は左飛に倒れるも、1死一、二塁で上林が期待に応える。起死回生の同点3ランをバックスクリーンにたたき込むと、真骨頂はここからだった。2死無走者から西川が右前打で出塁すると、田村への3球目で二盗に成功。得点圏にサヨナラの走者が進んだことで相手の外野陣は前進守備を余儀なくされ、田村はがら空きの左中間へ運んだ。

 この日は三回に源田の足が起点となり、1点を先制。六回には山川が右越え2ランと指揮官が掲げる「機動力プラスパワー」の攻撃が随所で展開された。むろん課題もある。先発薮田の継投のタイミングを見誤り、四回に一挙4失点。打線も終盤まで相手投手陣を攻略できなかった。それでも「国際大会はこういうものだと分かったでしょう」と稲葉監督。目標とする3年後の金メダルへ、まずは上々の船出だ。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報