東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > スポーツ > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

侍、台湾に快勝 決勝へ プロ野球アジアCS

 国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」は18日、東京ドームで予選リーグ最終戦が行われ、日本が台湾を8−2で下して2連勝を飾り、1位で決勝進出を決めた。

 19日の決勝は、1勝1敗で2位通過となった韓国と対戦する。日本の先発は田口(巨人)と発表された。台湾は0勝2敗で敗退が決まった。

 日本は二回、外崎(西武)のソロで先制。五回に京田(中日)の適時打で2点、七回には松本(日本ハム)の2点二塁打などで3点を加えて突き放した。先発した今永(DeNA)は6回を投げて12三振を奪うなど3安打無失点の力投だった。

◆今永快投 6回12奪三振

 マウンドに立った今永の腹は決まっていた。「ガス欠してもいい」。強い覚悟が投じる一球一球からにじみ出る。強打が売りの台湾打線の打球はほとんどフェアゾーンに飛ばない。6回無失点。奪った三振は実に12個。チームを決勝に導いた左腕は涼しい顔で言い切った。「サイン通りに投げれば、抑えられる自信はあった」

 糸を引くように田村のミットに収まる直球は球威も切れ味も抜群だった。三回までの9アウトのうち、八つが三振。宝刀のスライダーは見せ球に使う程度で、ほぼ真っすぐ一本で相手をのみ込んだ。

 強心臓ぶりを見せたのは1−0の四回。内野安打と味方の失策で無死一、三塁。打席に第1打席で左前打を許した5番朱育賢を迎え「みんなの信頼を勝ち取れるチャンスだと思った」。ここでもバッテリーは迷わず力勝負に打って出る。内角の142キロで空振り三振に仕留めると、後続も連続三振に。しびれる場面を切り抜けても、表情が緩むことは一切なかった。

 プロ野球のクライマックスシリーズ、日本シリーズで見せた勝負強さは、初めての国際大会でも変わらない。24歳がもたらした流れに打線も12安打8得点と呼応した。「8割くらいはやりたい野球ができている」と稲葉監督。この2試合で確かな手応えをつかみ、韓国との再戦に臨む。 (中川耕平)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報